ドライバーの仕事には色々な働き方が存在するが二種免許が必要な場合もある

タクシーの運転手になる方法と仕事の話

タクシー運転手になるには、直接試験会場に行く一発試験と、教習所を卒業して技能を免除してもらう2種類の方法があります。一発試験のほうは、学科試験は突破できても次の技能が難しいのでおすすめできないんですよ。なので、教習所に通って卒業をしたほうが難易度的に楽ですね。そして、卒業後に試験会場へ行き学科試験に受かれば晴れて免許を獲得できるんです。その後、タクシー会社を務めることになりますが、日中はお客が少ないことが多いです。夕方から深夜に、仕事帰りかお酒を飲んだ人を乗せることが多いので、夜勤に慣れている人に向いているかもしれないですね。

市内を巡回するバスの運転手になる方法

市内を巡回するバスの運転手になるには、大型二種免許が必要。その大型二種免許を取得する前に、大型免許が必要となるので教習所に通って取得しましょう。次に大型二種免許を取るために教習所へ通い始めます。教習所を卒業して、本試験会場へ行き学科に受かれば大型二種免許取得となりますよ。ただ、バス会社に入ったとしても、最初は市内を巡回するバスの運転手にはなれないんです。ある程度の実績と経験がないと認めてもらえないので、最低でも10年くらいは地道に他のバスを運転しましょうね。そうした地道な働きが会社に認められると、市内を走るバスの運行を任せてもらうことができるので頑張りましょう。

物流会社の大型トラックの運転手になるには

大型トラックは積載量が普通のトラックよりも大きいので、大型免許がないと乗ることができないですよ。大型免許は教習所に入って技能と学科を全て学んで卒業し、試験会場で合格することにより免許を得られます。ただ、免許を得てから物流会社へ入社しても、すぐには大型トラックは任せられないですよ。それなりの経験が必要なことから、免許取ってすぐの人は別のトラックを使って働くことになりますね。何年も会社に勤務をして堅調な実績を積んでいけば、いつかは大型トラックに乗れるので大丈夫ですよ。

ドライバーになりたいと考えている人は、ドライバーの求人を利用をすることによって、ドライバーになることが出来ます。