介護の資格取得をして、介護士として介護福祉施設に採用してもらおう!

介護士になるためには介護の資格が必要

介護士は高齢者の身体を触ったり、そのケアをする仕事ですが未経験で誰でも出来るというわけではありません。高齢者の介護をする時には危険もつきものなので、しっかりとした技術や知識を持っている方でないと、仕事をしては行けないと国が法律で定めています。例えば、特別養護老人ホームで、直接高齢者に対して身体介助のサービスをする介護士の場合は、最低でも国が定めた介護資格を持っていないと、その仕事が出来なくなってしまうのです。ですので、介護の仕事をやりたいなら先ずは、働きたい仕事をするために必要な資格を取得しましょう。

資格を取得したら求人情報サイトで職探し

そして、国が定めた介護系の国家資格などを取得したら、今度は求人情報サイトなどを使いつつ、自身が働きたいと感じた介護福祉施設や事業所の求人へ応募していきましょう。介護の仕事が出来る介護福祉施設としては、特別養護老人ホームの他にデイサービスやヘルパーステーション等沢山あります。施設や事業所によって、仕事内容も大きく変わってきますので、その点は注意が必要です。また、最近は介護系の求人に絞った専門サイトもあるので、そちらも活用できます。

事業所によっては無資格の未経験採用もあり

ちなみに、働くためには資格が必要ですが、介護施設への就職に関しては資格が無くても良かったりします。中には、最初は無資格でも出来る高齢者の見守りと言ったカンタンな仕事をしてもらい、その間に資格試験の勉強をさせてくれる事業所も多いです。ですので無資格で未経験だけれど、介護士の仕事がしたい方はそんな求人を探して見ると良いでしょう。介護系の資格は働きながらでも取得できるものもあるので、最初は施設でアルバイトをしながら取得を目指すという手もあります。

横浜といえば大都市。優秀な人材も多いです。介護の求人を横浜で行えば、優秀なスタッフが集まるでしょう。