虫歯の治療だけじゃない!?歯科医師の仕事内容とは?

歯科医師の基本的なお仕事とは?

歯科医師と言えば、誰もがお世話になったことがあるお医者さんですよね。その歯科医師の基本的なお仕事は、虫歯の治療です。歯を少し削れば良い軽度なものから、虫歯が神経まで達してしまい神経の除去をしなければならない重度のものまであらゆる虫歯を処置します。そのような処置の後、患者さんと相談しながら差し歯や詰め物をしていくのが歯科医師のお仕事です。その後のアフターケアまでこなすのが歯科医師の役目と言えるでしょう。

口の中ならお任せ!?歯科医師のお仕事!

虫歯の治療のみならず、多種多様な治療を行うのが歯科医師と言えます。例えば、矯正が挙げられます。矯正の場合、専門のスタッフの方がいることもあるのですが、歯科医師の仕事でもあります。また、顎関節症の治療や歯茎の病気の処置を担うのも、歯科医師であると言えます。口の中のほぼあらゆる治療をこなしていると言っても良いでしょう。もちろん、歯のお掃除などといったお手入れもお仕事として、求められる役目になってきます。

歯科検診も大切なお仕事!

歯の健康状態を確認するために歯科検診を受ける機会も多いですよね。特に、子どもの頃ですと学校にて集団健診を受けたものです。このような健診を行うのも、歯科医師の役目です。もちろん自らが勤務する病院で健診を行うこともあれば、担当医として学校や企業まで赴くこともあります。このような健診によって、人々の歯の健康を守ったり、健康意識を向上させるのも歯科医師の大切な役割なのです。このような点から、歯科医師の仕事の場は、病院に限らないと言えるでしょう。

歯科医師の求人の人気の仕事として、大学病院や研究機関などの高度な技術が要求されるものが挙げられます。