ママでも始められて一生働ける!人気のお仕事

ママにこそおすすめの保育士

結婚や出産で会社をやめてしまうと、それを機会に専業主婦になったり、家計が大変でもせいぜいパートタイマーとして働くくらいでしょう。女性はどうしてもブランクが空きやすく、それに対して積極的な対策はできていないのが現状です。何年も会社を離れるとパソコンなどにもついていけなくなり、「今さら出て行ってもじゃまになってしまうかも」と物怖じしてしまう人もいます。しかし、子育てを経験したからこそできる仕事もあります。例えば保育士です。

ヒマな時間を利用して資格取得

妊娠中は仕事をやめてしまうとひまですし、かといって遊び回るほど元気ではなく、なんとなくウツウツとしがちです。どうあせっても10ヶ月は妊娠していなければならないので、その期間に勉強をして保育士の資格を取得してみましょう。通信教育でも勉強できるので、妊婦や子育て中のお母さんでも大丈夫です。「子どもが手を離れたらまた働こう!」という意識も湧いてくるので、モヤモヤした不安や焦りでストレスを感じることもありません。

保育園で学ぶこともたくさん

子どもが小さいと、「うちの子はこれでいいのだろうか」と不安になるお母さんも多いです。まわりに同世代の子を持つ親がいなくて一人で悶々と心配している人もいます。しかし、保育士として働いていればまわりには同世代の子を持つ親だらけです。情報交換はたくさんできますし、先輩の保育士さんに相談することもできます。保育園で他の子どもをたくさん見るので、自分の子どもの発達に関しても正しい視点が養われます。子育てと仕事の理想的な両立と言えるでしょう。

シングルマザーの仕事は、収入を得て子供を食べさせていくことや家事だけでなく、父親代わりとして子供に接することもあります。